薬剤師の資格

Home > 薬剤師の資格

薬剤師になるためには、薬剤師国家試験に合格する必要があります。
資格を取得するためには6年制の大学で学ぶ必要があり、専門的な知識をしっかり学ぶ必要があります。

全国の都道府県にある薬科大学や薬学を学ぶことが出来る大学で学んだのち、国家試験に合格することが出来ると資格を取得出来ます。
以前の制度では勉強期間は4年間だったのですが、海外と同じように日本にも医薬分業が進められるようになったため、勉強する範囲が増えいます。

医療と薬が分けられて考えられるようになって薬剤師も医師と同じように専門的な知識が必要なので、試験対策のためにも早めに準備することが大切です。
大学のカリキュラムをこなせば自然と知識は身に付きますが、幅広い分野から出題されるのでコツコツ勉強するのが合格への近道です。

様々な分野を勉強しますが、なるべく関連付けて知識を覚えるだけでなく理解することも試験をパスするためのコツでもあります。
仕事内容は主に医師が処方する薬剤を調剤し、患者に渡すことです。外来患者はもちろんのこと、入院患者の薬剤を調剤することも大切な仕事です。
また調剤薬局でも活躍の場があり、病院から処方箋を受け取って調剤を行われます。