薬剤師転職の注意点

Home > 薬剤師転職の注意点

業態別仕事内容

薬剤師の転職では業態別に仕事内容などが異なるので
注意が必要です。
現在、医療業界では薬剤師不足が深刻化しているため、
薬剤師の求人は豊富に用意されています。

一部の調剤薬局やドラッグストアでは、年棒制を設けたりして、
破格の条件で薬剤師を確保しようとする動きも出ています。
しかし、薬剤師は業態によって、
働き方などが大きく違ってくるので、
注意が必要となります。

薬剤師の転職では、自宅から通える職場に長く勤めたいと
考えている場合は、大病院などの転職がない求人に
応募すべきです。
大手の調剤薬局チェーンは、広範囲に店舗が
存在しているために、人事異動で他の県に転勤になる
可能性があります。 自宅で介護が必要な人がいる
場合などは、病院への転職が向いているかと思います。
最近、求人が増えているドラッグストアチェーンへの転職では、
薬剤師であっても調剤の仕事以外をする必要が出てくるので、
注意が必要です。ドラッグストアの店舗では、商品を並べたり、
お客さんとの対応も親密になってきたりします。
薬剤師でも、いろいろな仕事に挑戦したい人は、ドラッグストアに向いているかもしません。

相談する相手

薬剤師が転職をするときは、くれぐれも同じ職場の人に
相談しないようにしましょう。同じ職場の人は親しみがあるため、
ついつい相談したくなってしまうかもしれませんが、
万が一、新しい職場に馴染めずに同じ職場に戻ることに
なってしまった場合、その職場には とても居づらくなってしまうからです。

また、自分の転職の事を相談された同僚の薬剤師が、
上司等、他の人にそのことを告げてしまった場合、
自分のその職場での立場が非常に悪くなってしまいます。
さらに、転職先が決まった場合は、新しい職場での
待遇をきちんと書面にしてもらい、もらっておくと安心です。
待遇を書面にしてもらわずに口約束だけですましてしまいますと、
後に言った、言わない、といったことで、トラブルの原因に
なってしまいます。
もう一つ、薬剤師の転職において注意しなければ
ならないことは、退職することを上司に伝えるタイミングは、
正式な採用が決まってからにすることです。
新しい職場から採用通知をもらわないうちに、
退職することになったと上司に話してしまうのは非常に危険な行為です。

妥協しないこと

薬剤師の転職で重要なことは、簡単に妥協しないことです。
最近はなかなか自分の希望にあった仕事が見つからず、
ついつい妥協してしまう薬剤師の人も多いようですが、
それでは本当に自分の納得のいく転職をすることはできません。

自分の納得がいかないようでは、職場を変えても時間の浪費、
ただの骨折り損ということになってしまいます。
こうならないためには、薬剤師の人たちも、

転職をする前に買える前にまず、自分はなぜ今の職場から
出ていきたいのか、職場を変えたいと思うのか、
その理由をはっきりとさせておくことが重要になります。

もっと自分に合った職場に移りたいのか、
もっと年収をアップさせたいのか、それとも今以上に
スキルアップしたいのか、もっと休める時間が欲しいのか、
それとも今までと違う分野の業務に就きたいのか等、
自分が職場を変えたい本当の理由を明確にしておくことが、
安易な妥協をすることなく、満足のいく薬剤師の転職
をする秘訣です。

清潔感

薬剤師として転職しようとするとき、
注意点はいくつかあるのではないかと思います。
当たり前のことで言えば、まずは清潔感でしょうか。
転職活動をする場合、やはり清潔感ある服装、
見た目にこだわる必要はあるのではないかと思っています。
やはり初対面の時は服装でかなり判断されて島からです。

また、仕事をしながら転職活動をするのを考えると、
薬剤師の求人情報を簡単に探すほうが良いのではないかと
思うのです。なので、地道に足で探すというよりは、
転職情報をまとめている里などを利用するほうが
手軽で楽なのではないかと思います。
そのほうが、仕事が終わってからでも簡単に探せるのでおすすめです。

そしてあとは、薬剤師として転職をしたいときは、
時期をちゃんとチェックする、というのです。
無職の期間がなるべくないようにするとか、
今の仕事に支障をきたさないようにするとか、
そういうちょっとしたことを注意する、
それはとても重要なのではないかと思います。