薬剤師の転職先一覧

Home > 薬剤師の転職先一覧

薬剤師の働き口といっても、その種類は様々です。
ここではどのような働き口があるかご紹介します。

病院薬剤師


その名の通り、病院に勤務する薬剤師のことです。薬剤師の就職・転職先として代表的なものになります。
医師が出す処方箋から、調剤して患者さんにお渡ししたり、患者さんに薬の効果・使い方などをレクチャーしたり、
薬に関する相談にのることもあります。

また、仕事内容はこれだけではなく、注射薬や点滴などの調剤も行います。
当然ながら、医薬品の管理、医薬品情報の管理等も行っています。

保険調剤薬局


近年、調剤薬局の設置される数が多くなりました。
今では、病院で薬をもらうというより調剤薬局で
もらうことの方が多くなってきたと思います。
一般の人がよく目にする働き方ではないでしょうか?

一口に調剤薬局と言っても大手調剤薬局チェーンの
大きい病院の門前薬局や、個人で経営している小規模なものまであり、
内科、耳鼻科など特定の医療機関の近くにあって、
少ない種類の薬しか扱わないところから、多種類の薬を扱う大きなものまで、
その規模は様々です。

薬店(ドラッグストア)


駅の近くや家の近くに点在している薬店(ドラッグストア)。
病院よりも、私たちの生活になじみがあるのではないでしょうか。

この薬店(ドラッグストア)にも薬剤師の資格を持った方が働いています。
ドラッグストアで販売されている薬の中には、
薬剤師の方が不在の場合、販売できないものもあります。
そのため、薬剤師の方が必要になるわけです。

業務の内容としては、薬の販売、薬の管理、品出し、レジ打ちなど、
病院で働く薬剤師にくらべると、コンビニ・スーパーの店員の要素が
含まれています。
接客が好きだという人は転職先として向いているかもしれません。

企業


病院や薬局薬店の他にも、企業での働き口もあります。企業での働き口も様々で、薬の研究開発、営業、治験などがあります。

薬の研究開発はイメージしやすいかと思います。
薬の研究や、研究による新医薬品の開発などです。
営業は医薬品を病院などに提供したり、
医薬品の効果などの情報収集を行ったりします。
MRと呼ばれることが多いです。
室内にこもっての仕事が苦手だという方はあっているかもしれないです。

治験は厚生労働省にまだ許可されていない新薬を
患者や志願者に試しに使用してもらい、
データを集めるという仕事です。