未経験で薬剤師へ転職

Home

薬剤師とは

yakuzaisi
薬剤師の仕事とは、一体どのようなものなのでしょうか。一般的に薬剤師のイメージから述べていきます。

まず「薬剤師」という名前から薬を扱うことは間違いありません。
身近なところで言うと、私たちの暮らしの中で、怪我や病気をしたときに病院にお世話になることがありますね。

病院で診察してもらった後に薬を出してもらうことがあると思います。
その時に、各々の怪我や病気にあった薬を探し出したり
調合したりする人がいらっしゃいます。

それが薬剤師と呼ばれる方々です。
薬剤師のかたにお世話になったことが無いという方はいないと思います。

処方箋を見て薬を調合し、患者さんに渡すというだけはなく、
注射剤や透析用の薬剤を調剤したりするという仕事もあります。

働く場所にもよりますが、新薬の開発に携わる方々や、麻薬検査官など、
官公庁で活躍されるかたもいらっしゃるようです。
また、ドラッグストアで働いている薬剤師さんもいらっしゃいますが、パートとして働いている方が多いようです。

実際薬剤師になるにはどうすればよいのでしょうか。

まず、6年制の大学の薬学部へ入学し、卒業しなければいけません。
独学では受験資格さえもらえません。

ちなみに、4年制大学の薬学部は民間企業への就職、
研究者の道へ進む人が多いようです。

4年制大学で薬剤師になろうとすれば、
大学院へ進まなければいけません。
最低6年間は大学に通う訳ですから、
授業料などもその分かかることになります。
授業料の相場は下記の金額となります。

国公立大学:50~60万/年
私立大学:150~300 万/年

授業料の他にも、教材費、実験費用など諸費用がかかります。
無事大学を卒業して初めて厚労省が行っている
「薬剤師国家試験」の受験資格を得ることができるのです。

受験資格を得たら、薬剤師国家試験を受験し合格して
初めて薬剤師の免許を取得することができます。
薬剤師の国家試験合格率はここ20年くらいは
70~80%を上下している状態です。

薬剤師になろうと思ったら、長い年月と労力とお金が
必要になるので、簡単な気持ちで取るような資格ではないことが分かります。

未経験から薬剤師に転職する理由とは?

未経験から薬剤師に転職しようと考える方が
いらっしゃいますが、なぜ未経験から薬剤師になろうと
考えるのでしょうか。(ちなみに、未経験というのは
薬剤師として働いた経験がないことを指し、
薬剤師の免許は持っている前提の話となります)

転職を考える理由としては、他業界と大して変わって
いるものではないのです。

収入が低いので収入を上げたい、一般企業に入ったが
どうしても薬剤師の仕事をしたい、人間関係に悩んでいる、
キャリアアップを図りたい、病院で働きたい、
休暇が取りづらく、拘束時間が長いなど、理由は様々です。

そのなかでも転職を考える理由として多いのが、
人間関係の悪化や、一般企業などで働いているうちに
薬剤師として働く意欲が湧いてきたといったものです。